元々、平安時代初期に中国から伝わってきた
とされ、日本で独特の進化を遂げた和綴じ。

今ではなかなか見る機会がないのではないで
しょうか?
日本人でも知らない和綴じの方法とその種類
についてご紹介します。

和綴じの歴史

和綴じ本の起源は千年以上も遡り、平安時代の初めに空海が中国から学ん
だ「三十帖策子」です。
(二つ折りした本文の紙を束ねて糊付けし、最後に表紙を糊で接着したもの。)

"平安時代初期 「みてみて〜!胡蝶本だよ〜」 「へ〜糸が要らないのか〜!じゃあそれ粘葉装な!」"

中国では胡蝶本と呼ばれていますが、
日本では、糸でかがらないことから「粘葉装(でっちょうそう)」と呼ばれました。

"糸を使った『大和綴じ』、袋とじを使った『明朝綴じ』  鎌倉時代に中国から伝わった 「どうぞ〜」 そして"

これを発展させたのが大和綴じで、糊を用いず糸でかがって、表紙の二ヶ所
をひもで結ぶ形式です。

その後、中国の宋から明の時代にかけて用いられた「袋綴じ」という形式の
「明朝綴じ」が鎌倉時代に伝わりました。

"江戸時代:木版印刷ブーム 四つ目綴じ、康煕綴じ、麻の葉綴じ、亀甲綴じ..."

そして江戸時代に入って木版印刷による出版ブームが起こると、江戸職人
の技と粋が和装本に集約され、様々な綴じ方が生み出されました。

それが代表的な四つ目綴じの他、康煕(こうき)綴じ、亀甲綴じ、麻の葉綴じなどです。

和綴じの種類

和綴じは大きく分けて四種類あります。
綴じ方と合わせてご紹介します。

全ての基本になる綴じ方 *四つ目綴じ

シンプルで一番簡単な綴じ方。
明朝綴じとも言います。全ての綴じ方の基本になります。

「三つ目」や「五つ目」もあり、初心者にお勧めです。

四つ目綴じのやり方 角切までやった前提でお送りいたします。 "①長辺から1㎝、短辺から1.5㎝の所にそれぞれ点を打ち、その間を三等分にする点を打ち全部の穴を開ける。上から二つ目の穴に表紙と本文用紙の間から針を通す。 ②一個下の穴に上から針を通す ③長辺の方から下に回して同じ穴に針を通してから一番下の穴にしたから針を通す。 ④短辺の方から下に回して同じ穴に針を通す。 ⑤長辺の方から④と同じように針を通す ⑥②の穴に上から針を通す ⑦①の穴に下から針を通し⑤のように針を通す ⑧一番上の穴に針を通す ⑨④と同じように短辺の方から針を通す ⑩⑤と同じように長辺から針を通す 11①の穴に針を通し、軽く輪っかを作って、針の糸の下に通し輪っかをくぐらせ糸を止める 12①の穴から表紙と本文用紙の間を通して、要らない糸をきれば完成" 中国清朝の康熙帝が始めた ? 康煕綴じ (kouki)

高貴綴じと呼ばれる場合もあります。
四つ目綴じの触れ部分に糸を縦横に掛けた綴じ方で、背の角の部分の捲れ防止と装飾を兼ねています。

中国の康煕帝が始めたものと言われています。
どことなく高級な雰囲気を感じます。

高貴綴じのやり方 四つ目綴じの⑤までやって、長辺から0.5cm、短辺から1cmの所にそれぞれ穴が開いている前提でお送りいたします。 ①角の穴に上から針を通し、短辺の上に回して同じ穴に針を通す。 ②長辺から①と同じように針を通し、そのまま上の穴に下から針を通す ③なみ縫いの要領で三個上の穴に針を通す。 ④①②と同じように針を通す ⑤一番上の角の穴に下から針を通して、①②と同じように針を通す ⑥④の穴に上から針を通し、一番最初の穴に戻る。 ⑦①と同じように長辺から下に回して針を通す ⑧軽く輪っかを作って、針を糸の下に通し輪っかをくぐって糸を留める ⑨①の穴から表紙と本文用紙の間を通して、要らない糸を切れば完成

つづく

原案&絵:山田海里(東京デザイナー学院)

MANGA WORK SHOP@MaDeLaの他の記事はこちら!

→ 伝統文化カテゴリーの記事をもっと読む

→Manga de Japanの記事をもっと読む