旅行は新らしいインスピレーションを得ると言われてる。そして、アートは疲れた心を癒すと言われている。だから私はまた旅に出ようと思った。 直島は香川県の小さな島。「芸術の島」と呼ばれている。 美しくて平和な雰囲気がある。 直島の宮之浦港に着くと、「赤いかぼちゃ」 草間弥生の作品が出迎えてくれる。 少し歩くと、 海岸沿いにある藤本荘の直島パヴィリオンを見ることができる。 次に安藤忠雄のデザインによる地中美術館。この美術館は地中に埋められている。これは、周辺の景色の邪魔物にならないように、安藤忠雄の意図がある。 サイクリングに疲れたら、私たちは「大きな雲」という駐輪場の中に駐輪することができる。有名な建築家、SANAAスタジオによって設計されている。 「李禹煥美術館」 韓国の芸術家のミニマリズム美術館。建物のデザインは安藤忠雄。 このオープンスペースのコンセプトは平和と自然の美しさ、そして空気と空。 夜はつつじ荘のトレーラーハウスに泊まる。もし、グループで来たら、キャンプ気分のパオもある。夕方にはビーチで日没を見るのを楽しんだ。それは説明できないほど素晴らしかった。 翌朝、私は寒さで目覚めた。そしてこの直島を出る前に可愛い黄色の草間彌生のカボチャを一目見るために歩いた。 あ〜 とても癒されたなぁ, 誰かが一緒にだったら、もっと楽しいいだろうなぁ おい! 僕のこと忘れないでくれる?何で そんなこと 言うんだい ?この旅のホテルを予約したり、チケットを買ったり、たくさんの写真を撮ったりしたのは僕なんだぞ。

::WASIN:: の他の記事はこちら!

→Manga de Japanの記事をもっと読む