日本人も知らない!?和綴じの方法と種類 〜Part1〜

*麻の葉綴じ 中国清朝の康熙帝が始めた ? オシャレNO,1 !?

和柄の「麻の葉柄」のような見た目の綴じ。

「麻の葉柄」とは日本古来の正六角形
を基礎にした幾何学文様で、形が麻
の葉に似ていることからこう呼ばれます。

昔の日本には生まれてきた赤ちゃんに
麻の葉柄の産着を着せる風習がありました。
死亡率の高かった昔、少しでも元気に育ってほしいという願いや、魔除けの意味が込められていたのです。
製本の面では装飾としての面が強い
かもしれませんが、可愛い雰囲気で筆者のお気に入りです。

康煕綴じ の⑧までやって、長辺から0.5cmの所に三箇所穴を開けた前提でお送りいたします。 ①上の穴に針を通し、長辺の方から上に回して同じ穴に針を通す ②下から一個上の穴に針を通し、また①の穴に上から針を通す ③一番最初の穴に下から針を通し、真ん中の穴に上から針を通す。そのまま長辺から上に回して同じ穴に針を通す。 ④いっこしたの穴に下から針を通し、③と同じように針を通す。 ⑤②と同じように針を通し、そのまま一個ずつ上の穴になみ縫いの要領で一番最初の穴に戻る ⑥軽く輪っかを作って、針を糸の下に通し輪っかをくぐって糸を留める ⑦①の穴から表紙と本文用紙の間を通して、要らない糸を切れば完成 お目出度き日の記録帳に  亀甲綴じ

和柄の「亀甲柄」のような見た目の綴じ方。
四つ目綴じの各斜線の部分に2穴づつ穴をあけ、亀甲形の状態を表わした綴じ方。

この綴じ上げた糸の模様が「亀甲柄」
に似ていることから「亀甲綴じ」と呼ばれ、お目出度い集まりの芳名帳などに使われていたそうです。
本を横にしてみると亀甲柄が見えてきませんか?

①長辺から1㎝、短辺から1.5㎝の所にそれぞれ点を打ち、その間を三等分にする点を打つ。さらに四つの穴の下に間1cm開けた二点を打ち全部の穴を開ける。上から二つ目の穴に表紙と本文用紙の間から針を通す。 ②長辺の方から下に回して同じ穴に針を通し、一個上の穴に上から針を通す。 ③②と同じように長辺の方から上に回して同じ穴に針を通してから①の穴に下から針を通し、一個下の穴に上から針を通す。 ④②と同じように針を通し、一個下の穴に上から針を通す。 ⑤②〜③〜④と続けて同じように針を通し、下から一個下の穴に針を通す。 ⑥⑤と同じように針を通し、短辺の方から下に回して同じ穴に通して、上から一個上の穴に針を通す ⑦なみ縫いの要領で2個上の穴まで針を通す ⑧⑤と同じように針を通し、短辺の方から下に回して同じ穴に針を通して、①の穴に下から針を通す ⑨軽く輪っかを作って、針を糸の下に通し輪っかをくぐって糸を留める ⑩①の穴から表紙と本文用紙の間を通して、要らない糸を切れば完成 実際に麻の葉綴じに挑戦 ! 用意するもの ・本文用紙 ・表紙用紙 ・遊び紙(本文用紙と表紙用紙の間 の紙) ・角切れ用の紙(マスキングテープで も可) ・仮止め用の和紙(半紙でも可) ・綴じ糸(刺繍糸など) ・針 ・糸切りバサミ ・穴あけ ・トンカチ ・カッター ・定規 ・カッターマット ・いらない雑誌(土台)" "■注意点 ・ネットで方法を調べた時、簡易化され たものや一部間違えていたりするものも ありますが、概ね長く持つかどうかの違 いなので、自分に合った方法を探して 下さい。 ・本の角を守るため布や紙を貼り付け る角切という工程があります。 布や紙は、マスキングテープでも代用で きます。 ・糸を通すための穴を開ける時は、木 槌やカッターマット、いらない雑誌などを 用意しましょう。 素手では怪我をする場合がありますし、 テーブルに穴を開けてしまう場合が多 いです(カッターマットは簡単に貫通しま す。)" "いかがでしたか? 今はあまり見かけませんが和綴じでも 用途やデザインに合わせて様々な種類 があったんですね。 紹介したと地方の他にもオリジナルの 文字を作って綴じたり、見つめで綴じた り応用もできるので考えるのが楽しくなり ますね。 ぜひ和綴じに挑戦してみてください。

原案&絵:山田海里(東京デザイナー学院)

MANGA WORK SHOP@MaDeLaの他の記事はこちら!

→ 伝統文化カテゴリーの記事をもっと読む

→Manga de Japanの記事をもっと読む