「ハイドロキノン」はもともと自然界に存在する成分です "・イチゴ ・ブルーベリー ・珈琲や紅茶 ・麦芽 等に含まれる" 酸化 植物が紫外線を浴び発生した活性酸素により酸化した細胞を 元の状態に戻す働きがあると言われます スキンケア成分として長い歴史を持ち 欧米では約100年以上前から役立てられてます 日本でも多くのクリニックで処方されていますが ハイドロキノンは不安定な性質があり扱いが難しく 医療機関でしか処方されていませんでした うわあぁ ボロ… ハイドロキノン "・酸化しやすい ・長持ちしない ・浸透しにくい ・刺激が強い" そんな中2001年の薬事法の改正で化粧品への配合が認められアンプルールはこのハイドロキノンにいち早く注目 ※薬事法:名称は2001年当時。現在は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(薬機法)」 化粧品に安定して配合できる「新安定型ハイドロキノン」の研究を開始し 日本で初めて新安定型ハイドロキノンを配合した製品開発に成功! 2003年から「新安定型ハイドロキノン」を配合した化粧品を販売しています 不安定な性質を安定させる物質「BCDAC」を合成させて出来たのが「新安定型ハイドロキノン」です 酸素・光・熱 "新安定型ハイドロキノン ・酸化しにくい ・長持ちする ・浸透しやすい ・刺激が少ない" ブロック! 成分特長も保たれ、これまでよりずっと安定しお肌に対しての刺激も少なくなり より多くの方にハイドロキノンの効能を堪能していただけます 化粧品開発にあたりパッチテストも実施済み

AMPLEUR

→AMPLEURの記事をもっと読む

→Manga de Japanの記事をもっと読む

→ファッションの記事をもっと読む