Japan Culture Project

江戸時代中期頃から、江戸市中では毎月の晦日(月末)や節分にそばを食べる風習がありました。その風習が現在は大晦日(12月31日)に食べる年越しそばとなりました。忙しい大晦日の夜さっと気軽に食べられ「細く長く生きれますように」とのお願いが込められています。

[ 行事 ]
大晦日 / 12月31日

[ 食材 ]
そば

[ 食に込めた願い ]
そばは長く伸びることから、長寿への願いが込められました。

   長いそばで長寿になろう

→ Japan Culture Projectの記事一覧

→ 伝統文化カテゴリーの記事をもっと見る

→ Manga de Japanの記事をもっと見る