時の流れは早いもので、あっという間にまた年末がやってきました。
2020年を元気よく迎えるために、新年の準備をしましょう。

1年で溜まった汚れを落としましょう! 昔、江戸では、人々は12月13日に「正月事始め」という名で家を掃除したので、一般的な掃除はこれに由来しています。隅々まで掃除した綺麗な家なら、年神さまも喜んで幸せをもたらすのでしょう。さらに、家を掃除することで、元気に新年を迎えることもできます。 クリスマスの片付けも兼ねて、家族総力での大掃除はいかがでしょうか。 門松やしめ飾りなどの、新年の飾り付けをしましょう。 クリスマスツリーを注連縄に変えるだけで、お正月の雰囲気が一気に上がります♪ 年神様の依り代である鏡餅も忘れずに飾りましょう。ちなみに、28の「8」は、鏡餅っぽいから、28日にお正月飾り付けをするがいいと言われています。 お正月の飾り付け作業が12月29日に行われた場合、9は「苦しみ、悲惨」に連想させ、しかも29日は「二重苦」に通じるため、縁起がとても悪いです。また、31日大晦日のお飾りは「一夜飾り」と嫌われます。したがって、どうしても時間がない…場合でも、12月30日まで飾りましょう。

門松やしめ飾りなどの、新年の飾り付けをしましょう。
クリスマスツリーを注連縄に変えるだけで、お正月の雰囲気が一気に上がります♪
年神様の依り代である鏡餅も忘れずに飾りましょう。ちなみに、28の「8」は、鏡餅っぽいから、28日にお正月飾り付けをするがいいと言われています。
お正月の飾り付け作業が12月29日に行われた場合、9は「苦しみ、悲惨」に連想させ、しかも29日は「二重苦」に通じるため、縁起がとても悪いです。また、31日大晦日のお飾りは「一夜飾り」と嫌われます。したがって、どうしても時間がない…場合でも、12月30日まで飾りましょう。

現在、多くの家族がインターネットでおせちを注文します。 一度にたくさんの種類あるのおせち料理を作るのは非常に難しいため、手作りおせちの場合、12月27日から白子や酢皿など、保存しやすい料理を用意し始める人が多いでしょう。 大変かも知れませんが、1月1日におせちを作ることができれば、きっと達成感を感じるでしょう。

現在、多くの家族がインターネットでおせちを注文します。
手作りで作る場合も、たくさんの種類があるおせちを一度に作るのは非常に難しいため、12月27日から白子や酢皿など、保存しやすい料理を用意し始める人が多いでしょう。
大変かも知れませんが、1月1日におせちを作ることができれば、達成感はとても大きいでしょうね。

これらをすべて元旦まで済ませばーー きっと良い一年を迎えるのでしょう!

これらをすべて元旦まで済ませば――
きっと良い一年を迎えられること間違いなし!

→伝統文化の記事をもっと読む

→Manga de Japanの記事をもっと読む