水引

気付きましたか?ご祝儀袋(日本式の封筒)、新年の時に飾る鏡餅、門松などに、きれいな「紐」が飾ってあります。それだけではなく、色んな形もあります...!

今回はそれぞれの形と意味について紹介したいを思います。

水引

水引とは、和紙を原材料として、くるくるとひも状にした状態に糊引き、乾かして固めた紐です。

水引の起源に関しては諸説ありますが、その一つは7世紀ごろ、中国の隋に訪問して日本に帰還の際に、同行した答礼使が持参した貢物に紅白の麻紐が結ばれたていました。

小野妹子

その後、習慣として宮廷への献上品に紅白の麻紐を結ぶようになりました。

水引

慶事では奇数(3本・5本・7本)を用い、5本1組が主流です。
結婚など人生の重大なお祝いには倍の10本を使います。

水引

基本的に赤+白は全般のお祝いに使えますが、その他に特定された使い方は以下となります。

水引 水引

現代ではデザイン性や芸術性を重視するため、豪華にアレンジした水引、縁起がいい和柄(松・竹・梅・鶴・蝶など)をモチーフにした水引や、水引アクセサリー、水引芸術などが流行っています。

日本の街・お店でおしゃれな水引を探してみましょう!