初夢はそもそもいつ見る夢を指しているか
ご存知ですか?
「大晦日の31日~元旦の朝に見る夢」とか「2日の朝に見る夢」など
諸説ありますが、現在一般的に『初夢』というのは
元旦の夜から2日の朝に見る夢のことを言います。

『一富士二鷹三茄子』
なぜこの三つものが夢に出ると縁起がいいと言われているのかというと
諸説ありますが
徳川家康が富士山・鷹狩り・初物の茄子を好んだ
という説や、富士は『無事』、鷹は『高い』茄子は事を『成す』という
縁起のいい言葉に引っ掛けている
なんてことも言われているそうです。

一富士二鷹三茄子には、実は続きがあり

「四扇」 扇・・・扇ぐために使われている
「五煙草」煙草・・・祭りやお祝い事など、人が集まる席になくてはならないもの
「六座頭」座頭・・・髪を剃った盲人のことで
          毛がない→怪我ないとされ家内安全を願うものとされました
この続きも諸説ありますので
『四葬式、五雪隠』『四葬式、五火事』などさまざまな説も。

夢を人に話すと
話す→離す、放すにかけられてしまい
いい夢を話してしまうと、それを手放すことにつながってしまうので
よくないと言われています。
反対に悪い夢はどんどん人に話すといいという説があります。

言霊を大事にする日本人らしい
考え方ですね。

本日の元旦に見る夢は、どんな夢でしょう。
もし縁起のいい夢を見たら心にしまって
叶う日を待ちましょう。

素敵な一年を。

SHINchan@MaDeLaの他の記事はこちら!

2.5次元が大好きです★

→Manga de Japanの記事をもっと読む