そろそろ梅雨の季節(6月〜7月)がやってきますが、
同時にカラフルなあじさいが満開する時期にもなっていきました。
ここで一面に咲くあじさいが見られる関東の名所とその見どころをご紹介したいと思います。

あじさいの名所を言えば、まず鎌倉です!

長谷寺、明月院、成就院が3大あじさい名所と呼ばれています。
(成就院は修繕工事のため、あじさいを別の場所に移動しました。以前のような1面のあじさいは今はありません。)

736年に創建された長谷寺は、1年を通じて花が絶えないことで「鎌倉の西方極楽浄土」と呼ばれ、四季ごとに様々な花木の彩りを楽しめる名所です。

あじさいの季節になると、40種類以上、約2,500株のあじさいでできた「あじさい路」が、斜面に一面に咲き誇ります。また、上段に登ったら由比ヶ浜の海を眺めることもできます。

大人気なスポットなので、シーズン中は大混雑となり、入場規制も実施されます。人混みを避けたいなら、お早めに行くのが良いでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


長谷寺「あじさい路」
▪️見頃:6月中旬~7月上旬
▪️住所:神奈川県鎌倉市長谷3-11-2
▪️時間:
[3~9月]8:00~17:00(閉山17:30)
[10~2月]8:00~16:30(閉山17:00)
▪️定休日:なし
▪️料金:大人400円、小学生200円
▪️アクセス: 江ノ島電鉄「長谷駅」より徒歩5分


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

明月院の境内に咲く数千本のあじさいの約9割が「ヒメアジサイ」という日本古来の品種です。きれいな青色で「明月院ブルー」と呼ばれています。

明月院のもう1つの見どころは本堂にあつらえられた円窓です。円窓からの庭園の景色を眺めながら、日本風情を満喫しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


明月院「明月ブルー」
▪️見頃:6月中旬~7月上旬
▪️住所:神奈川県鎌倉市山ノ内189
▪️時間:9:00~16:00 (6月は8:30~17:00)
▪️定休日:なし
▪️料金:500円、小・中学生300円
※6、11月の本堂後庭園特別公開: 別途500円
▪️アクセス:JR横須賀線「北鎌倉駅」より徒歩10分


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

御霊神社の鳥居の前に、なんと江ノ電が横切り、6月になると、あじさいと江ノ電を同時に写真に撮れる唯一のスポットになります。
電車がお好きな方は絶対にここを逃してはいけません!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


御霊神社
▪️見頃:6月中旬~7月上旬
▪️住所:鎌倉市坂ノ下4-9
▪️時間:午前9時~午後5時
▪️定休日: なし
▪️料金:無料(収蔵庫は大人100円)
▪️アクセス: 江ノ島電鉄「長谷駅」より徒歩5分


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

室町幕府の創始者、足利尊氏の邸宅の跡である長寿寺は、季節限定、週末限定で公開されています。鎌倉の隠れスポットとも言えます。
庭園で散歩しながらあじさいを鑑賞し、疲れたら小方丈の縁側にお座り、のんびりと裏庭を眺めましょう。

秋になったら、庭園がもみじの紅一色に染まるので、もみじの隠れスポットとしても夏と違う雰囲気が味わえます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


長寿寺
▪️見頃:6月上旬〜6月中旬頃
▪️住所:鎌倉市山ノ内1506
▪️時間:春季(4・5・6月)、秋季(10・11月)、
金・土・日・祝 午前10時~午後3時(雨天中止)
▪️料金:300円
▪️アクセス:JR横須賀線「北鎌倉駅」より徒歩15分


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

鎌倉から江ノ島方面に移動すると、あじさいと江ノ島を同時に写真に収められる絶景なスポットがあります。
天気がいい日は富士山も見えます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


稲村ヶ崎公園
▪️見頃:6月上旬
▪️住所:鎌倉市稲村ガ崎1丁目
▪️料金:無料
▪️アクセス: 江ノ電「稲村ケ崎駅」より徒歩5分


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長谷寺の近くにある光則寺の境内には、全国各地から集められた200種を超える鉢植えのあじさいが楽しめます。様々なあじさいの魅力に圧倒されたいなら、ここはおすすめです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▪️見頃:5月下旬〜6月上旬
▪️住所:鎌倉市長谷3-9-7
▪️時間:7:30~日没
▪️定休日:なし
▪️料金:100円
▪️アクセス:江ノ島電鉄「長谷駅」から徒歩10分


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あじさいのシーズンになると、鎌倉のお寺がどこでも混雑になりますが、円覚寺は境内が広いため、ギュウギュウに混んでいるイメージはさほどありません。鎌倉唯一の国宝建造物「円覚寺舎利殿」や国宝の「洪鐘」が見られるので、あわせてゆっくり楽しめるのも良い選択かもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


▪️見頃:6月中旬~7月上旬
▪️住所:鎌倉市山ノ内409
▪️時間:
[3月〜11月]8:00〜16:30
[12月〜2月]8:00〜16:00
▪️定休日:なし
▪️料金:300円、小中学生100円
▪️アクセス:JR横須賀線「北鎌倉駅」より徒歩1分


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

なかなか鎌倉までにいけない方に、東京都内にあるあじさいスポットをご紹介したいと思います。

文京花の五大まつりの1つとして有名な「文京あじさいまつり」は今年も開催します。期間中に約20種類3000株のあじさいが白山神社・白山公園を彩ります。出店などのイベントの予定はHPにてご確認ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


文京あじさい祭り
▪️見頃:2019年6月8日(土)~6月16日(日)
▪️住所:東京都文京区白山5-31-26
▪️料金:無料
▪️アクセス:
都営地下鉄三田線「白山」駅より徒歩3分
東京メトロ南北線「本駒込」駅より徒歩5分


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

浅草側の吾妻橋入口から山谷堀広場までの約2kmに、約10,000株のあじさいが植えられています。浅草観光のついでに気軽にいけるし、あじさいと東京スカイツリーが同時に写る写真も撮れます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


隅田公園あじさいロード
▪️見頃:6月中旬〜6月下旬
▪️住所:東京都台東区花川戸・浅草
▪️料金:無料
▪️アクセス:
東京メトロ銀座線「浅草駅」より徒歩5分
都営地下鉄浅草線「浅草駅」より徒歩7分


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

練馬区にある遊園地「としまえん」では、絶叫系の乗り物やプールが楽しめる他、5月下旬から、あじさいの開花時期にあわせて、あじさい祭りが開催されます。なんと150品種10,000株のあじさいが園内を彩ります!祭り期間中に、JAZZフェスや押し花クラフト教室などのイベントも行う予定なので、乗り物に苦手な方も、1日園内を楽しめます!

さらに「あじさいナイト」という安い料金で夜間のあじさいを楽しむプランもあります!
※開催日は17:00より入園料が300円になります。
※開催日:6月1日(土)~23日(日)の土・日のみ(雨天中止)
※ライトアップ開始は17:30となります

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


としまえん あじさい祭り
▪️見頃:2019年5月25日(土)~6月24日(月)
▪️住所:東京都練馬区向山 3-25-1
▪️時間:10:00~17:00 ※あじさいナイト開催日は19:30まで
▪️料金:中学生以上/1,000円、3才~小学生/500円
▪️アクセス:
西武池袋線「豊島園駅」より徒歩1分
都営大江戸線「豊島園駅」より徒歩2分


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

mimi@MaDeLaの他の記事はこちら!