6月に入って、随分暑い日が続きますね。
もう夏服は出しましたか?

日本は学校や職場で制服を着用する際、冬服から夏服へ一斉に移行する「衣替え」という文化があります。

今回はそんな「衣替え」を紹介していきます。

いつ行われるの?

衣替えは年に2回、初夏と秋に行われます。
気温差があるので地域によって差はあるものの、6月と10月に行うところが大半です。

学生の制服が一斉に変化するとてもおもしろい時期であり、ライターの私も久々に袖を通す半袖に、心を躍らせていました。

衣替えの歴史

衣替えの歴史はかなり古く、平安時代まで遡ります。
元は中国の風習で、四季の変化がある日本の風土に合うと定着したようです。
当時は「更衣」と呼ばれ、旧暦4/1と10/1の年2回行われていました。
明治時代に洋服へと変化したころ、現在の6月、10月に定められ、それが企業や学校に広がり、現在に至ります。

現在の衣替え

現在では主に1部の学校や、制服での業務を行う企業で
採用されています。
制服であれば、夏と冬で丈や色、
素材やアイテムが変化します。

また、近年の激しい気温変化や個人差が重視され、
移行期間を設けたり、指定のカーディガンなどで
調節できるようにされています。

子供のいる家庭では学校の衣替えに合わせて、
家族も同時に行うことも少なくないようです。

いかがだったでしょうか?
衣替えは、着る服をリセットするとてもおもしろい文化です。
四季の変化に合わせて歩んできたからこその、
日本らしい独特な生活スタイルですね。

aoyama@MaDeLaの他の記事はこちら!