〜前回のあらすじ〜

あやまって海に落ちてしまったあなた。

目がさめると知らない街に。

そこは『寿司の国』 どうやら、あなたはシャリの中でも逸材のようで 3人のイケメンネタにアプローチされてしまう… どうなってしまうの!?

 

あなたは誰を選ぶ!? 日本食代表『寿司』最強イケメン決定戦!第一弾

第一弾はこちらから

「えっ・・・と」 3人に手を差し伸ばされ困惑するシャリ子。

言葉に詰まっていると どこからともなく声がした。

「お姉さん!僕とも遊んで欲しいな♡」

「なんだお前」

有に問われた少年は微笑んで答えた

「ぼく?僕はね〜…」

 

   その甘さにあなたも虜!?『たまご』

「お姉さん、ぼくも男なんだよ?」可愛さの中に男が垣間見える!?ショタっ子 名前:玉井 蘭 年齢:10歳 種族:卵 身長:135cm 性格:甘えん坊の男の子。    シャリ子に対して、いい子を演じているのだが他の    ネタには毒舌。中身はとっても雄な面も…若くても油断大敵!  「ねぇ、どうしたの?顔、赤いよ?」

※卵豆知識
お寿司屋さんでは『卵焼き』のことを『ギョク』と呼びます。
卵焼きの味付けは甘いのからしょっぱいのまで、お店や地域によって様々。
試してみてください。

「ガキが黙ってろよ!」

「え〜ん!オネエさ〜ん!怖いよ〜」

と言って、玉井はシャリ子にくっつく。

「あっ!くっそ!」

べーっと玉井

 

「私も彼女に興味があります」

 

   寡黙なインテリ男子『エビ』

「君といると自分のことがよくわからなくなるんだ」  理屈っぽい寡黙なインテリイケメン男子 名前:海老原弓弦  年齢:27歳 種族:海老 身長:178cm 性格:表情が硬くあまり自分のことは話さない寡黙なタイプ。    言葉を話すことも苦手で思ったことをそのまま言ってしまう。    たまに見せる笑顔は破壊力がすごい…?   「君は面白いな。表情がコロコロ変わってみてて飽きない」

※海老の種類の紹介
エビだけでも、ボイルエビ、甘エビ、車海老、桜えびと種類が様々。
茹でても生でも愛されているエビは
隠れた寿司ネタの王様とも呼ばれているとか?

「ねぇ、みんなだけずるいんじゃない?」

 

 

   大人の色気をまとう!セクシーな色黒男子『あなご』

「ねぇ、おじさんとデートしない?」  名前:穴井 啓吾 年齢:35歳 種族:穴子 身長:185cm 性格:女性が大好きでくどき上手なため、女性が切れることはない。    そのせいかきちんと恋愛をしたことがない。    チャラいのに決める時は決める男。色黒なのは日サロの賜物  「困ったなぁ、ほんとっ、、、」

※穴子の話
一見うなぎと似ている穴子ですが
うなぎに負けないくらい栄養素が高いとされています。
穴子はヘルシーなので特に女性からの指示が高いです。
うなぎは寿司や蒲焼きで食べるのに対して、穴子は刺身や天ぷら、煮物、蒸し、焼きなど
調理のバリエーションが広いことでも人気を博しています!

3人に加えて3人にも迫られるシャリ子

「あの!わ、私…間違ってこの国に来ちゃったみたいで …帰り方わからなくって…あの、、、」

シャリ子は精一杯訴えたが・・・

有「じゃあここに住めばいい!今日からお前の国はここだ!」

圭「え〜!もっと仲良くなりたいな!」

郁「もう少しゆっくり考えましょう!」

玉井「離れたくないな!」

海老原「もう少しお前を観察したい」

穴井「じゃあ禁断の恋だね!燃えちゃうな」

 

しばらく元の国へ帰れそうになりません。

 

「私…どうしたら…」

影からこちらを見つめる人影がいたことを

知ることになるのはもう少し先のことーーーーー

 

原案&編集:SHINchan@MaDeLa

→Manga de Japanの記事をもっと読む