いつも「~Japan Culture Project 獅子舞シリーズ~」をご覧いただきありがとうございます。今回は、またユニークなテーマでお届けします。特にその土地・地域ならではの日本の伝統芸能をご紹介します。

「獅子舞」って何だ?と御存じでない方もいらっしゃるかもしれません。そんな方は獅子舞の詳しい情報が載っている、このシリーズの第1弾の記事をご覧ください。

The first Shishimai Series

今回は「萩野鹿子踊」と「仁田山鹿子踊」についてご紹介します。起源は不明ですが、山形県に伝わる無形文化財に指定されています。特徴的なのは、カモシカを模していること。歌も踊りもほとんど同じに見えることです。違うのはビジュアルだけで、萩野は仁田山よりも控えめな色使いで、カラフルな印象があります。

「萩野鹿子踊」と「仁田山鹿子踊」は毎年8月24日から26日まで行われます。迫力のある躍動感あふれる踊りを見てみませんか?

いかがでしたでしょうか。今日ご紹介した「萩野鹿子踊」と「仁田山鹿子踊」の情報で日本に興味を持っていただけたら幸いです。
次回は、佐藤神楽の寿獅子をご紹介します。

またお会いしましょう♪