七五三。これは何の数字だと思いますか?実はこれは子供の年齢を表した数字なんです。日本では11月15日は七五三の日といって子供の成長を祝う日とされています。でもなぜ7歳と5歳と3歳で、11月15日なのでしょうか?今回は七五三について詳しくご紹介します!

七五三は、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にお祝いするしきたりです。七五三の起源は室町時代といわれ、江戸時代の武家社会を中心に関東から全国へ広まったとされています。当時は乳幼児の死亡率が高く、生まれてから3〜4年たってから現在の戸籍にあたる人別帳や氏子台帳に登録されていました。そのため、七五三のお祝いは子供が無事に成長したことへの感謝と幼児から少年・少女期への節目にこれからの将来と長寿を願う意味を持っていたのです。

11月15日に祝うことになったのは、この日が鬼宿日(鬼が出歩かない日)にあたり、婚礼以外は何事の祝い事にも吉とされていたからです。また、旧暦の11月は秋の実りを神に感謝する月だったため、その月の満月にあたる15日に収穫の感謝すると共に子供の成長を感謝・祈願をしたことが由来しているとも言われています。

現代の七五三は11月15日周辺の都合の良い日に家族で神社へお参りをし家族で記念撮影をしたり、親戚が集まって食事会をしたりします。子供は七五三用の和服を着たりお化粧をしたりします。

また七五三の日に子供たちがもらえる特別なお菓子があります。「千歳飴」という細長い棒状の紅白の飴です。「千歳」と名がついているように、この飴のように長〜く生きることが出来ますように、という願いが込められています。飴の入っている袋には、「寿」などの縁起の良い文字が書かれています。

いかがでしたか?いつの時代も子供の成長は嬉しいものですよね。日本の文化には子供の成長を祝う日が他にも色々ありますが、七五三もきっと思い出に残る日になることでしょう!