To be continued...

 

#3 『人狼ルーム』代表 児玉健編の登場人物

鈴木カズ (人狼ゲームクリエイター)

1976年青森生まれ。
プログラマー、デザイナー、プロデューサー、ゲームデザイナー、など様々な職種を経験しながら、マルチクリエイターとして現在に至る。個人活動として、「人狼ゲーム」をスマホゲーム化し、「人狼ゲーム」ブームの火付け役となる。

ゲーム作品
スマホゲーム「人狼ゲーム "牢獄の悪夢"」
スマホゲーム「人狼スポーツ ボイススタジアム」
カードゲーム「人狼Dead or Alive」
カードゲーム「オオカミ少年だあれ?」など

著書
ライトノベル『人狼ゲーム 人事の悪夢』(大和書房

鈴木カズ Twitter

児玉 健(『人狼ルーム』代表)

1980年大阪府生まれ

人狼ルーム代表、アルティメット人狼主宰、舞台「人狼TLPT」ゲームアドバイザー、映画「人狼ゲーム 〜デスゲームの運営人」ゲーム監修、N/S高等学校人狼部顧問、人狼カード「はじめての人狼」監修など多数の人狼コンテンツをプロデュース。

けん玉パフォーマンスコンビ「ず〜まだんけ」のパフォーマーとしての顔も持ち、日本だけでなく世界でも活躍。NHK紅白歌合戦にも6年連続出演。

人狼ゲーム “牢獄の悪夢”

世界初のスマホ人狼ゲームアプリ。デザイン、プログラム、イラスト、音楽などすべてを鈴木カズが開発している。累計プレイヤー人数6億人以上。現在は、リモート機能を実装し、離れている人ともビデオチャットで人狼ゲームがプレイできるようになっている。

人狼ゲーム "牢獄の悪夢" (Google Play)

人狼ゲーム "牢獄の悪夢" (App Store)